この世の中、お金が全て…そう思いたくはありませんが、基本的にお金がなければなにもできません。

旦那や主婦がお小遣いに不満を抱えているように、子どもだってお小遣いに悩んでいます。

その悩みは、親と代わりなく『交友関係』にかかわっているんですね。

子どもには子どもだけにしかわからない世界があります。

子どものお小遣いの少なさが、いじめや万引きなど大きく問題を及ぼします。

子どものお小遣い事情と交友関係

現代、子どもの遊ぶものは、昔と大きく変わってきていますよね。

スマホを持つのはもはや当然。それだけでも、大変大きな出費です。

私は、長男が小学4年生からスマホを持たせています。2人目の長女は、小学校1年生からでした。物騒な世の中、防犯手段と連絡用です。

親にとっては、かなり家計を圧迫します。苦しいながらも、心配でスマホを持たせている家庭も多いでしょう。

また今は広い公園でも、『ボール遊び禁止』という看板があるくらい。事故多発で、どんどんなくなる遊具。スペースがあるのに、遊べない公園。

子どもは風の子なんて言葉、もう今は言わないんでしょうね。「外に出て遊びなさい。」などとも言えない時代です。

友達と遊んでいても、ゲーム機を持ってネット対戦している様子。なんだかな〜という気持ちになります。

ゲームを持っていて当たり前。では、持っていない子どもは?

ママカースト旦那の会社でのパワハラ同様、起こりうる可能性があるいじめです。

  • お小遣いが少ないため、欲しいものが買えない
  • 家計が苦しいから、みんなが持っているものを持たせてもらえない

こんな悩みを抱えるんですね。

そのため一緒に遊べず、嫌味を言うお友達だっています。

ママカーストの大人バージョンですよ。そりゃ大人がするくらいだから、子どもがしたって当たり前です。

そして、お小遣いで悩んだり、いじめで追いやられた子どもが取る行動…。盗み・万引きです。

子どものお小遣い事情

お小遣い欲しさに家で泥棒する子ども

私が小学校4年生の頃、転校してきた女の子がいたんですね。

その子は母子家庭で、昼間お母さんが家にいませんでした。

お小遣いをどのくらいもらっていたのかはわかりませんが、その子は家の引き出しの財布からお金を出していたんです。

「何やってるの?なんのお金?」と聞くと、「だってお金ないもん。」と一言。母親の予備の財布からお金を抜いているようでした。

子どもが、お小遣い欲しさに家の中で行う泥棒…今考えても疑問に思えて仕方ありません。

たとえ数100円1000円であっても、黙って抜くなんて…かなりの常習犯のようでした。

お小遣いがなくて万引き

私の息子が中学の頃、警察署から電話がありました。

息子が、万引きで捕まっという連絡でした

私は、中学の頃の子どもへのお小遣いは5,000円。その他、ゲームソフトや洋服などは全て別でした。

小学生から教えてきたことが「万引きするくらいなら、ママが絶対なんとかして買ってあげる。たとえ100万のものが欲しくても、絶対に言いなさい。」

常に言ってきていたので、もう倒れそうなほどのショック。本当にめまいがしました。

警察へ行くと、仲のいい友達と2人で捕まっていたんですね。

警察に聞くと防犯カメラの映像では、友達が『腕ぬき』(と言っていたような気がします)で、ゲームソフトを万引きしたのだとか。コートの袖を抜いて、中でこっそり盗む方法らしいです。

息子は全く違う場所にいて、友達が万引きしているのを知りませんでした。

『よかった』という安堵感を感じながら、帰りの車の中での会話。

「もぉママ死ぬかと思ったよ。」「万引きなんか絶対しないよ。ママずっと言ってたし。」ちょっぴり嬉し涙が出た瞬間でした。

友達は、お小遣いが月に1,000円だったそうです。

みんな持っているけど、自分は持ってないないため一緒に遊べない…きっと、悩んでいたのでしょうね。

物が買えないため他人の家から窃盗

娘が小学校3年生の頃、友達が遊びにきました。

仲よさそうに遊んでいる中、ジュースとお菓子を机に出した時、友達の異変に気がつきました。

ソワソワして、膨らんだスカートのポケットをずっと押さえていたんですね。

「どうしたの?ポッケに何入れてるの?」と聞いても「なんでもない」と言い張る子ども。

「一回見せて?」「家の鍵のキーホルダーが入ってるだけ!」「そうなんだ。キーホルダーってどんな?かわいいの?」「…。」

焦って、最終的に泣き出してしまったお友達。

ポケットの中には、娘の持っていた小さなお財布が…。中には、数100円しか入っていませんでしたが、子どもとはいえ、れっきとした窃盗です。

ですが、どうしても欲しかったんですね。

泣いたということは、悪い行為と認識している証。認識しながらも、子どもにはどうする事もできないお小遣いの悩みなんです。

子どもはお小遣いを稼げない

大人の場合どれだけ忙しいにしても、お小遣いを手に入れようと思えば自分でなんとかできます。

でも子どもは、稼げないため何をしても手に入らないお小遣い。

一番切実だと言ってもいいでしょう。

そりゃ「子どもは子どもだから当たり前。」「食べさせてもらう立場だからしょうがない。」となるかもしれません。

でもこの言葉…どこかで聞き覚えがあると思いませんか。

お金の管理をしているケチで横暴な夫が、妻に言うセリフと似ていますね。

リッチーナ
切なくなります…

 
ある意味、強者・弱者と言えるかもしれません。

このような言われ方をしてきたとすれば、子どもの思春期の反抗が大きくなるのも仕方がありませんね。

子どもにお小遣いを多く与えすぎてもいけません。

でも、子どもの立場になって考える必要もありそうですね。