大学生は、本当にお金がかかります。サークルにかかる費用はもちろん、遊び代は大人と変わらずかかって当然。

普通に働けるとはいっても、学業が大変な中、お小遣いに困る大学生。

世間の大学生のお小遣いは、どのくらいもらっているのでしょうか。お小遣いの平均額はどのくらいなのでしょう。

実家暮らし大学生のお小遣いの平均額

全国大学生活協同組合連合会のお小遣い平均額

全国大学生活協同組合連合会の『国公立・私立大学の調査』では、以下のような結果になっています。

大学生のお小遣いの平均額は、約14,000円。

ただしお小遣いとは言っても、交通費・昼食代ほか書籍費などは省かれています。

電話代が千円代なのは疑問が浮かびますが、携帯代となればもっとかかりますね。

小遣い 13,550
奨学金 11,040
アルバイト 37,920
定職 190
その他 1,350
収入合計 64,070
食費 12,580
住居費 270
交通費 8,680
教育娯楽費 9,470
書籍費 1,340
勉学費 1,130
日常費 5,280
電話代 2,210
その他 2,770
貯蓄・繰越 18,880
支出合計 62,590

出典:www.univcoop.or.jp

日本学生支援機構のデータからの予測お小遣い平均額

平成26年度学生生活調査では、『家庭からの給付額』は年間1,193,800円。月に約99,000円。(年間表示を月で割り、平均を出しています。)

家庭から、約10万円のお小遣いをもらっているのかと驚きますよね。

ただし、収入と支出がマイナスになっていますね。授業料も含められているため、学費を差し引いて考えると、マイナスが約10,000円です。

このマイナスになっている金額約10,000円が、実質のお小遣いでまかなわれていると考えてもいいでしょう。

そう考えれば、前にあげた全国大学生活協同組合連合会のお小遣い14,000円は妥当な数字ではないでしょうか。

家庭からの給付 99,000
奨学金 33,000
アルバイト 26,000
定職 4,650
収入合計 16,2650
授業料 76,000
その他学校納付金 10,000
修学費 4,000
課外部活費 2,900
通学費 5,500
小計 98,400
食費 14,000
住居・光熱費 15,000
保健衛生費 3,000
娯楽・し好費 11,000
その他の日常費 11,000
小計 54,000
支出合計 152,400

出典:www.jasso.go.jp

このようにしてみると、本当にカツカツですね。アルバイト月26,000円が平均となっていますが、それだけ稼げない大学生もいるでしょう。

大学生のお小遣いの妥当な額は?

各家庭によって、与えられるお小遣いには差が出てきます。

今回私も初めて、大学生のお小遣い平均について調べましたが、どうすればいいかと悩んでいる方は目安になるでしょう。

私の家庭でも、大学生の娘(2年生)へのお小遣いは月に1万。

とはいえ、その他にも洋服代やもろもろかかりますが、それは別。アルバイトをしていないなら、お小遣い1万の上、携帯代や定期代・昼食代はあげるべきだと考えています。

ただし、何らかの事情でアルバイトできない大学生で、全て自分でまかなわせるなら、最低2万・できれば3万あげる必要があるのではないでしょうか。

以下が、大まかな支出です。

  • 授業料:約10万
  • 交通費:約1万
  • 携帯代:約1万
  • 昼食費:約1万

高校生の頃のお小遣いも1万でしたが、お小遣い値上げはしていません。

アルバイトをしている上、もう20歳です。むしろお小遣いは、不要なのでは?とも考えています。

昼食込みで、2万3万のサラリーマンがいるくらいですからね。

大学生の妥当なお小遣いは、1万円ほどで十分ではないでしょうか。

一家の大黒柱である夫がその程度のお小遣いで頑張っているのですから、大学生の子どももそれくらいの努力は必要ですね。

1万円も出せない苦しい家庭もあるでしょう。主婦がパートしても、大きく稼げるわけではありません…。

全て自分でまかなっている友人もいるようですよ。

ちなみにアルバイトは、家庭教師や派遣などに行っていますが、月によりばらつきがあり10,000〜60,000円ほど。

個人的な意見としては、月に3万ほど稼いでいる大学生なら、お小遣いなしでも問題ないと感じます。

だたし、学業に支障がない範囲のアルバイトをさせるべきですね。

『大学は遊びに行くようなもの…。だから私は行きたくない。』そう言って、親の進学の勧めを拒否した私。

私の夢は、出産。『いいお母さんになりたい。』ただそれだけでした。

2017年の大学進学率61.4%に比べ、私の年では24.7%。

自分は行きたくないと思ったものの、時代は流れていますし、やはり自分の子どもには行って欲しいもの。

とはいうものの、ここまでお金がいるとは…。

奨学金も借りていないため、今は貯蓄は一切できていません。

本当は奨学金を借りて、貯蓄に回さなければいけないのでしょうが、子どもに借金をさせたくないという思いがどうやっても変えられません。

お小遣い稼ぎに頑張るリッチーナのやる気満々の顔

リッチーナ
ほんとはもっと楽な生活ができるのに…とも感じますが、もっと稼がなければという意欲に燃えています。