• 40歳 女性
  • 夫:48歳
  • お金の管理:妻
  • 夫の手取り:30万
  • 妻の手取り:10万
  • 子ども:なし
  • 夫のお小遣い:50,000円
  • 自分のお小遣い:10,000円以内

この記事では以下についてわかります【目次開く】

泡のようにお金を使う夫

主人に対しお金の使い方不満があります。とにかくお金使いが荒いです。

嗜好品(アイコス、晩酌)スロット代や仕事の接待代や昼食代など。

物質的な物はほとんど買わず泡の様にお金を使います。

飲み会は月に平均2,3回あります。その場では多めに払ったりしたりお金を立て替えたり。立場的にはどうしても仕方がないのですが・・・。

お酒が入ると部下におだてられ調子者になり気持ちが大きくなり財布のヒモは(元々緩いのにもっと)緩くなるみたいです。ケースバイケースで飲み会の支払いをしてもらいたいと思うのですが。

  • 休みの日はどこかに出かけたい。(家族とドライブしたい)
  • 美味しいものを食べたい。
  • 電気はつけっぱなしで冬はパンツとTシャツなのにストーブをガンガンつけるなど・・・。

金銭管理は主に私がしているのですが出費が多い事を告げると「こんだけ稼いでいるのに家計がマイナスになるのはおかしい!」と言います。

私のやりくりが悪いような表現をされることがあるので(実際にやりくりも上手くないのかもしれませんが出費が多いのは私だけのせいにしている口調ぷりに納得がいきません!)

何度か家計のお金管理を任せたことがあります。

そうすると「こんなに出費があるのか!お前見えない貯金してるんじゃないか!?」と言われたことがあります。

お金を見る形もなく泡の様に使ってしまうからなくなるんですよ。

ちなみに私は見えない貯金はコツコツとしてますよ。もう少しお金を大切に使ってもらいたいと思います。

まずはお互いが家計の収入と支出を知る

まずはお互いが家計の収入と支出を知ることだと思います。

家庭内のお金を把握し、お金の使い方にルールを持つと良いと思います。

話し合いもケンカ口調や自己主張するのではなく、相手の言い分を聞きながら「自分はここの出費を抑えるね」など協力するというスタイルがいいのかなって思いました。

お金に対しての価値観は夫婦や性別生活での立場的などで使い方の違いがありそこを理解することが大切なのかもしれません。

眉間にシワを寄せながらお金の話し合いをするのではなく、楽しく話し合って出費が多かったら「次は気をつけよう」くらいの軽い気持ちで話合うのがいいのかもしれません。

お互い我慢をするから相手に不満が生まれるのでその部分を開放することが第一歩なのかもしれないなと思います。

コメント一覧
  1. シュフ より:

    家計がマイナスになるのはおかしいとかっていう旦那も旦那だけど。泡のようにお金使うって言っても、男性には男性のつきあいってもんがあるし、仕方ないような気がする。おだてられて調子にのるっていう言い方、食べさせてもらってるのに見下しすぎ。
    休みの日は家族で出かけたいっていうの、何も悪いことじゃないし、むしろいいよね。
    おまけに、結局この女性も眉間にしわをよせているよね。お互い様なんじゃないの

コメントを残す

関連キーワード