専業主婦は、ニートと言われ肩身の狭い立場。

「主婦は暇だし、楽でいいよな」

「家で、ゴロゴロしている怠け者」

このような言葉を夫に浴びせられ、腹が立っている主婦もいるでしょう。

しかし、専業主婦は決してニートではありません。  

「専業主婦はニートと同じ」そう言う夫の言い分は正しいのか?検証していきます。

【検証】専業主婦はニートではない!

まずは、ニートの意味を考えてみましょう。

仕事や通学などをしていない15歳から34歳の若者を指す。

職業にも学業にも職業訓練にも就いてない、あるいは、就こうとしない若者。

大辞林 第三版

学校に通っておらず、働こうともせず、職業訓練も受けていない無業者のこと。

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。

日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。

出典:wiki

 

これらからわかるように、家の仕事をこなしている専業主婦は、ニートとは言えません。

おまけに、主婦業の給料・年収をシュミレーターしてみると、かなり高収入。

主婦業の日当・月収・年収をいくつかの方法で算出し平均を出すと、以下の金額になります。

主婦業のお給料平均値
  • 日当:15,780円
  • 月収:473,400円
  • 年収:5,680,800円

くわしくは、以下からどうぞ。

きちんと家事をこなしている専業主婦にニートと投げかけるのは、言葉の暴力。  

ただし、「専業主婦はニート」と言う夫に対し、キツい口調で言い返すのはNG。喧嘩の元です。

リッチーナ
日々頑張っているよ。あなたの方が大変なのは、本当にわかってる。感謝してるよ。でも、あなたに私のこと、ニートって思われると、何かちょっと悲しいかな

 

できるだけ柔らかな口調で伝えましょう。

『専業主婦はニート』という意見

Yahoo!知恵袋で、『専業主婦はニート以下ですよね?』このような書き込みがありました。

専業主婦はニート以下ではないですか?

以下は、専業主婦がニートと同格という理由です。

洗濯も風呂も炊飯も食器洗いも今は省力化。外食が安いためご主人や子供の弁当を作らない人も増加中

これで家事をするから労働の義務を果たしているといえますか?

しかも家事は半分は自分のためです。子供の家事も半分は自分の義務です

育児をしているといっても、教育の義務は憲法で定めた夫と妻の義務であり、どちらかの手柄でありません

専業主婦は納税の義務も放棄しています。それなのに兼業主婦の払った税金で作った道路、教育、衛生など公共サービスを利用しています

 

『洗濯も風呂も炊飯も食器洗いも今は省力化』

昔は、全ての家事は現代のように楽ではありません。

衣類も手洗い、お米もお風呂もセットすれば勝手にしてくれる、食器洗いや乾燥機を利用している家庭もありますよね。

とはいえ、大昔と比べて【現代の主婦】に対し、『楽をしているからニート』と言うのはいかがなものかと感じますね。

リッチーナ
昔、洗濯機が壊れて、新しいのが届くまで1日2日手洗いした経験があります。
 
冬だったため、衣類も厚い物ばかりで、ちゃんと絞れないし…。
 
昔の人って、こんなのこなしていたんだな〜なんて、思い知らされた瞬間。
 
二層式の洗濯機が主流だった頃と比べても、すごく楽できてるって思いますよね。
 
でも、それが普通の世の中です。
 
それを言うならマイカー通勤をはじめ、電車やバスを利用して出勤している男性だって、楽をしていると言えますよね。

 

家事は半分自分のため…は、確かにその通り。

『外食が安いためご主人や子供の弁当を作らない人も増加中』これも一理あります。

休みの日や出かけたとき、外食しよっか…なんて思っちゃいますよね。

回転寿司なんて、家族の数が多くてもすごく安価で食べられるし、不景気だなんだって言ったって、外食する余裕がないわけではありません。

でも、ずっと外食できるわけでもなし、専業主婦がニートと同格なんて言えるのか?ちょっと違いますよね。

プッチーナ
主婦だって、お休みが欲しいよね。
 
365日休みなしなんて、そんなの負担になって仕方がない。ストレスだって溜まります。
 
「主婦やめたい」って思う時だってあるよ。

 

この下は、専業主婦はニート以下という言及です。

専業主婦は兼業主婦の上前をはねて国民年金3号を受け取ります

ニートですら他人の年金の上前は、はねません

ニートを家からおいだせば「立派なお父さんだ」といわれますが、専業主婦を働かないのを理由に家から追い出すと慰謝料と財産分与で、金を奪いさらに母子手当てだ生活保護だで税金をむさぼります

夫が専業でいいと言っているからいいという人もいますが国民の三大義務の放棄についてなんとも思わないのでしょうか?

国民年金第3号は、第2号被保険者(厚生年金・共済年金に加入)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収130万円未満)が受け取れるもの。

この国民年金第3号は、かなり嬉しい制度なんですね。

  • 夫 ⇒ 厚生年金・共済年金に加入している
  • 妻 ⇒ 年収130万未満(扶養内)

この条件の場合、扶養者の支払う年金額は、第3号被保険者がいてもいなくても同額。

つまり、『タダで年金に加入している』とも言えるんです。

でも、全ての専業主婦の夫が、厚生年金・共済年金に加入しているとは限りませんよね。

『ニートを家からおいだせば「立派なお父さんだ」といわれますが』…家から追い出すと立派と言われる?

そんな話聞いた経験ありませんので、絶句ですよね。

『家事をしない働かない理由で離婚しても、慰謝料・財産分与。シングルマザーになれば、母子手当や生活保護を税金からもらえる。』

たしかに全く家事をしない妻なら、離婚して慰謝料や財産分与をしてもらうのはおかしな話。

母子家庭・父子家庭にはとって、嬉しいひとり親制度。なければ大変困ります。

だからといって、専業主婦が国民の三大義務を放棄しているとは言えません。

(国民の三大義務 ⇒ 教育の義務(保護する子女に普通教育を受けさせる義務)・勤労の義務・納税の義務の3つ。)

この方の「専業主婦はニート以下ではないですか?」という質問の意図が全く見えませんが、要は専業主婦を見下したいのでしょうか。

専業主婦は、納税の義務を放棄しているわけではありませんよね。

『それなのに兼業主婦の払った税金で作った道路、教育、衛生など公共サービスを利用している』ということは、この方は兼業主婦なのでしょう。

繰り返しますが、専業主婦でもニートとは言えません。  

ニートの定義に当てはまるかどうかはわかりませんが、私は『自分のことだけを考え、だらだらと楽しようとしている主婦』と考えています。

ただし、働きに行くのはNGというご主人もいますよね。

リッチーナ
私の父がそうでした。
 
「女は家庭を守るのが仕事。女を外で働かせる男なんて、完全な甲斐性なし。」こんな風な考えを持った父。
 

母がどれだけパートに行きたいと言っても、断固として承諾しませんでした。
 

その他にも「台所は男が立つ場所ではない。家のことは、全て女の仕事」とも言っていました。
 
そんな場合は、どうしようもありません。

 
そして、この書き込みに対するベストアンサーがこちら

超正論
でもね・・・俺のおかあさんは専業主婦でも毎日立派に働いてくれてたんだよ・・・

そうなんですよね。

専業主婦でも、毎日立派に働いています。

ただ、他のアンサーでは、このような意見も…。

俺の嫁は専業主婦。
働かない。
男が汗水垂らして働いて家に金を入れる。
俺の小遣いも少ない。嫁は昼間はネットしたり友達と長電話。

(中略)
専業主婦希望の女とは絶対結婚するな、と未婚者に言いたい。

やはり、専業主婦がニートと言われるかは、どれだけグータラでいるのかどうかに関わっていると言えるでしょう。

 

子どものいない専業主婦はニート?

専業主婦でも、子どもなしかありかでも、かなり違ってきます。

『専業主婦は楽だし、幸せすぎてやめられない』と感じている子どものいない女性がいるようです。

以下、妊活中で仕事をしていない専業主婦の質問に対するコメントをご覧ください。

妊活中の専業主婦 「子どもがおらず暇です。どのように過ごしていますか?」

毎日ペットと戯れて過ごしてます
幸せです♪

家事の合間にボールペン字や生け花の習い事してます

スポーツジム通ってる

家事 
趣味
勉強
読書

要領がいい方なので家事はささっと終わる。

趣味と勉強と読書です。年齢かさねると、中身が大事だと思うので。

趣味・習い事やスポーツジムができる専業主婦、忙しくしている子どもがいる主婦や兼業主婦にとっては、うらやましい限り。

ある意味、専業主婦でいさせてくれる夫を捕まえた勝ち組と言う方もいるでしょう。

わたしもです!
ほんと毎日ひまで!!

毎日自由で最高〜
テレビ見たり出掛けたり寝たり。
とにかく好きなことだけしてる

今昼寝から起きました(笑)
専業主婦バンザイ!
夜ご飯なににしよっかなーσ(^_^;)

専業ではなく兼業なんですが今月入る給料が多い為今月ほぼ休みになってます。
やる事なくてぼーーっとしてます。
お金のかからない趣味欲しいです。

「お金のかからない趣味が欲しい」のは、やりくりを考えているからとも言えますし、妊活中だから仕方のないものの…もし、こんな言葉を聞かされれば、夫はいったいどう思うか?

必死でパートに出ている主婦にしてみても、「甘えすぎじゃないの?」と言いたくなるような言葉もありますね。

きっと夫が高収入で、生活の苦しさがないからこそでしょう。

『暇』であるのと同時に、『好きなことだけしている』専業主婦は、ニートと捉えられても仕方がないとも考えられますね。

本が好きだから図書館入り浸ってました。
時間のかかる料理作る。
ビーフシチューとか、角煮とか、夫も喜んでくれるしね。
掃除も細かいところまでとか。

 

でも、夫のために時間をかけて美味しい料理を作ったり、細かな掃除をする妊活中の主婦。

この旦那さまは、幸せ者ですね。

きっと、夫との将来のために、預貯金たくさんしていそうな気がします。

へそくりもあるのでしょうか…?

兼業主婦はフル労働しなければ怠け者(ニート)?

以下のような悩み相談を見つけました。

私は結婚してしばらく働いていていましたが、専業主婦に憧れていました

体調を崩した事がきっかけで会社を辞め扶養に入りパート勤めがしたいと旦那に言ったら

今稼がないでいつ稼ぐんだ、子供もいないのにと散々揉めつつも扶養に入り、そこから約一年、職を探しつつも条件が合わず気づけば専業主婦生活をしていて…

そしたら旦那からいい加減にしろと言われました

家事もきちんとこなしていたのにしっかり働かない事が不満だった様です

週3で半日勤務のパートも始めたけどまだ働けるだろと言われ、結局旦那は自分の自由なお金がない(小遣い4万)のが不満みたいです…

親に何かあったらお金で助けてあげられないんだぞとも言われ(自分の親の心配だけです)私達の生活の心配をして言ってる事ではなくあくまで自分本意なんだかこんな事ばかり言う旦那が嫌になってしまいました

私のパート勤めはダメなんでしょうか…

会社を辞めてパート勤めがしたいと望む妻に対し、「今稼がないでいつ稼ぐ?子供もいないのに。」と言う夫。

週3回の半日勤務のパートを始めても文句を言う…。

パート勤めではダメなのか?と感じている兼業主婦です。

そして、それに引続く相談内容がこちらです。

旦那からしたら稼いでる人間の方が上だと思っているみたいです

私が旦那並に働き、稼いでいた時は私の言う事は素直に聞き私をたてている感じがしました

稼がなくなった途端見下されている様な気さえします

しまいには専業主婦をニート呼ばわりしてきます

 

稼がなくなったとたん、見下されている気がするし、専業主婦をニート扱いする旦那さまに感じる嫌悪感。

この妻が夫が、どんな不満を抱えているのかはわからないので、現実はわかりません。

しかし、第三者の中立な立場で考えれば、旦那さまの気持ちも奥さまの気持ちもわかるような気がしますね。

この奥さまが『職を探しつつも条件が合わず気づけば専業主婦生活をしていて…』という状態は、「いい加減にしろ」と思われても、仕方がないとも言えます。

この相談に対し、大変的を得た回答がありました。

なんだかんだ言って働きたくないだけ
旦那いなかったら生きていけないのに、文句だけは一人前

一生懸命働いている方は、きっと同じ意見でしょう。

とはいえ、上述したように、専業主婦もニートとは言えません。

パートに出ている兼業主婦なら、『パートと、炊事洗濯などの家事労働』2つの仕事を掛け持ちしているとも言えますよね。

「稼がないからと見下す」「専業主婦はニート」という言葉は、腹がたつもの。

両者とも、自分本意…。お互いに『感謝の気持ちが欠落している』のかも知れないなと感じました。

専業主婦がニートかどうか判断する基準

リッチーナ
リッチーナによる『専業主婦がニートかどうか判断する基準』は、以下の2つに決めたいと思います。
  • 家事を適当にしているくせに働いていない主婦
  • 夫への感謝がなく、ダラダラしている主婦

 
旦那さまに対し感謝の気持ちを持ち、一生懸命家事をこなしている専業主婦はニートではない!

ただ、子どもがいない専業主婦・子どもがいても空き時間があるなら、仕事をすべきだと考えます。

上の女性にも当てはまるような気がしますが…

「子どもがいるから…」「条件に合う仕事が見つからないから」と言い訳をして、いつまでも働かない主婦もいますが、ほんと時間がもったいないですよ。

それにダラダラしている専業主婦の子どもはニートになりやすいとも考えられます。

  • 親にお金があるから、働かなくてもいいかな〜
  • 旦那が稼いでいるから、働かなくてもいいよね〜

 
同じですよね。

子どもは親の背中を見て育ちます。

兼業であっても、『ワンオペ(ワンオペレーション)育児』になると、ニート率が高いという意見もありますが、子育ては夫婦の協力が必要だということですね。