自分が知らない旦那の隠れた借金

「ひょっとして、借金してる?」そう思った経験はないでしょうか。

何か疑いがあると、債務の全容把握のため調べる方法がないか知りたいですよね。

しかし、既にご存じの方も多いと思いますが、現在では個人情報保護法により家族の債務額であっても容易にはわかりません。

そんな中でも、可能性のある『旦那の借金』を調べる方法がないか?探ってみます。

旦那の借金の有無を調べる

ゆう
こんにちは。ゆうです。

 

旦那が借金しているかどうかは、まず郵便物に注意を払いましょう。

通常、消費者金融会社の郵便物は会社名を伏せて送ってきます。

不自然な名称であれば、そのまま会社名などをネット検索するとわかる場合があります。

借金の郵送物は『〇〇センター』といった形で送られてくるケースが多く、中小消費者金融会社であれば個人名のようですね。

借金の疑いがある旦那宛に、怪しい郵便物が届くと中身を確認したいところですが…勝手に開けて中を見てはいけません。

たとえ家族であっても、個人情報に関わるものは承諾なしに開封はダメです。

こっそりと開けて、のり付けして戻して...これもアウトなのでご注意を。

「明細を手に取り内容を見れば一目瞭然なのに!」と思っても、ここはぐっとこらえましょう。

リッチーナ
ダメと言われれば、やりたくなる…。それが人間だよねー。
 
友人の家では、夫の郵便物は全部開けるよーって言ってます。旦那さんも知り合いですが、「そんなの普通じゃ?」ですって。
 
夫婦のプライバシーのポイントは、家庭によって全然違いますもんね。

旦那の借金を調べる方法〜信用機関による情報開示請求

自分はもちろん旦那や家族の借り入れ状況を知る場合、「信用情報の開示請求」をする方法があります。

『個人信用情報機関(信用機関)』に問い合わせを行う方法で、借金に関する情報請求ができます。

借金総額や返済履歴まで、全てわかる一番いい方法です。

信用機関は以下のものが該当します。

基本的にはJICCとCIC、銀行からのカードローンがあるとKSCに請求が必要です。

3社の違いは、登録している金融機関が異なる点です。

消費者金融・銀行系・信販会社など、さまざまな会社がありますがそれぞれ開示請求先が異なります。

旦那が利用している金融機関がわからなければ、どこへ請求していいのかわからないですね。

その場合、3社同時請求が可能です。

借り入れ・返済の情報保存期間は5年間となっており、早めに行うといいでしょう。

開示方法は郵送のみですから、直接出向いたり顔を合わせる必要はありません。

ただし、旦那の借金の情報開示請求する場合に必須なのが、債務者本人に記入してもらう『委任状』なのです。

情報開示には、どうしても本人の承諾だけは避けて通れません。

こっそり旦那の借り入れ状況を...というわけにはいなかいようですね。

リッチーナ
委任状って、ほんと色々面倒。

しばらく前、私が貯めている子どもの通帳の住所変更をしようと思ったら、委任状が必要だって言われました。
 
子どもに「面倒だから書いといてよ」と言われ、筆跡を変えて私が書きました^ ^;
 
かといって、旦那の借金の情報開示請求の委任状を妻が書くのはいけないですねー。『私文書偽造』という罪に問われますよ。

旦那の借金を調べる方法〜興信所(探偵)に依頼する

「知られずに旦那の借金を調査」といえば、探偵を雇い調べてもらう方法もあります。

ただ、よほどの状況ではない限り、興信所に依頼する方法を勧める人はほぼいません。

なぜなら、先程から申し上げてる通り、法律上調べるのがかなり困難な点があります。

興信所には、独自のネットワークや高度な調査力は確かにあるでしょう。

しかし、探偵といっても法をかいくぐって債務情報を得られるほど容易な調査ではないのです。

良心的で真面目な興信所なら、安心感はありますが情報量・質ともに満足できる可能性は低いと想像できます。

逆に、完璧な情報を仕入れているならば法を侵している疑いがあるかもしれません。

その場合は当然、依頼者側も無関係ではいられなくなるため注意が必要です。

いずれにせよ、興信所は高額な費用がかかるため、旦那の借り入れ状況を知るには、結果『借金以上に費用負担』が多いようです。

誰も勧めないのは、さまざまなリスクを考えれば使わない方がいい...というわけでしょう。

旦那の理解を得るには?

借り入れの状況を入手し難い以上、情報開示には旦那本人の同意を避けて通れません。

なんとか説得し、現在の借り入れ状況を把握しておきたいところ。

しかし焦るあまり、かたくなに口を閉ざす旦那を強引に問い詰めてはいけません。

余計に口を閉ざす原因にもなり、把握できたとしても、その後の夫婦間がギクシャクした関係になり兼ねないのです。

ひょっとすると借金が多額なら本人が一番困っているかもしれません。

助けを求めたくてもできず途方に暮れていたなら、理解を得るのは難しくないはず。

まず今の状況を改善し家庭を守るため協力するとした上で、旦那を説得し協力を仰ぎ、委任状を書いてもらう…。

夫婦間で真剣に話し合いましょう。

どうしても解決しない場合は、旦那の親に入って説得してもらうのもいいでしょう。

突破口は「現在の状況をなんとかしたい」という気持ちを込め理解を得るのが大事なのです。

借金には何か理由があったのかもしれません。

今後についても話しながら、現状把握と改善に努めてみましょう。

同時に今後黙って借り入れを行わないよう、口約束ではなく書面で約束しておくのも大切です。

くれぐれも罵倒したり、無理やり聞き出そうとしたりするのは避けてくださいね。

旦那の借金は、当人に知られず情報にたどり着きたくても、肝心な部分は本人の同意が必要。

難しく感じますが、実際のところしっかり説得すれば情報開示に応じる旦那(または家族)は多いそうです。

借金に苦しみ、人知れず独り助けを求めていたからなのかもしれませんね。

闇金の借金は調べられない

もしも、夫の借金が闇金からの借り入れだった場合、調べることはできません。

なぜなら、闇金は『賃貸業』としての登録を行っていない業者がほとんどだからです。

信用情報機関に加盟できないため、情報開示は不可能。

これは、違法となり、現在でも注目されている『過払金』がよい例ですね。

その場合は、闇金対策に専門的な弁護士に相談するべきでしょう。

借金・借り入れ額が判明した時は?

夫が借金していることや、返済しきれない額が判明したとき、何の考えもなく感情に任せて問い詰めるのは大変危険です。

「黙って借金を調べたのか?」と、信頼性を失ってしまいますよね。逆の立場になてばわかるはず。

リッチーナ
浮気を疑われて、勝手にスマホを見られた…と考えれば、事実であろうがなかろうが、気持ちはわかりますよね。

まずは、とにかく落ち着いて、本人から話をしてくれるような話の流れに進めましょう。

そして、借金がとても返せないような額の場合、債務整理は絶対です。

自身が借金している場合は、債務整理すれば、隠し通すこともできるようです。