なんとかハラスメント…現代語と言える言葉。そんな中でも『マネーハラスメント』という言葉を知っていますか?

略して『マネハラ』は、お金がらみで苦痛を感じさせる行為。

人間同士誰でも起こりうる事です。

  • 生活費が足りないのに、くれない夫・妻
  • お小遣いをくれない、夫・妻
  • お金に細かく、とにかくうるさい夫・妻

これは、夫・妻からマネハラを受けていると考えていいかもしれません。

夫婦間のマネーハラスメントの全貌

夫婦のマネハラ【1】常に上から目線でものを言う

  • 「女は家庭を守るのが仕事!」専業主婦であれなければいけないと、昔ながらの考え方で、働かせてくれない
  • 少しでもお金の事に口を出すと、「誰に食わせてもらっていると思っているんだ。」「俺のおかげで幸せでいられるんだろう。」「口を出すな。」と精神的苦痛を感じさせる
  • 主婦の仕事は家を守ることなのに、家事掃除がちゃんとできていないと文句を言う。「俺より稼いでから言え!」常に上から目線で、抑えつける
  • 家族問題や何らかで口論になったり、自分の都合が悪くなったら、「俺のおかげで食えているくせに、偉そうに言いやがって。」と、働いている立場を利用して怒る

夫婦のマネハラ【2】優しさや思いやりの心が一切ない

  • 稼ぐ金額の多い自分が一番偉いと考えて、俺の方がしんどい思いをして頑張っていると、思いやりをもたない。たとえ熱があっても自分の事ばかり
  • 仕事でヘトヘトなのに「家の事を手抜きしているから、疲れたって当たり前。」と、家事を全く手伝おうとしない
  • 共稼ぎで一生懸命働いているのに、家のことをちょっと手抜きしたり「頑張っている」意思表示をすると怒る
  • 生活費が足りないから働いているのに、「働かせてやっている」「お前の好きにさせてやっている」とめちゃめちゃな事を考えている

夫婦のマネハラ【3】とにかく馬鹿にする

無駄使いをしていないのに、買ったものに関していつも文句を言う。

エアコンの効きが悪いし電気代もいるし、買い換えたい。もうかなり古いから、新しいスマホやパソコンが買いたいと言うと、全力で反対する。

  • 「金に余裕ないだろう。」「物を大切にできないのか。」
  • 「これ本当にいるのか?無駄使いだろう。」「お金のありがたみをわかっているのか。」
  • 「なんでも買えばいいと思っているのか。」「欲しいばかりで他に何か言えないのか。」
  • 「もっと考えて使え。」「稼ぐのがどれだけ大変かわかっているのか。」
  • 「苦労知らずはこれだから。」「そんな贅沢できるのか。」
  • 「お前のためを思って、お金の使い方を制限してやっているんだ。」
  • 「お金の使い方の感覚がおかしい。」「世間知らずで全く世話がやける」

 
安いものをまとめ買いしたり、自分が気に入らないことがあれば、なんでも否定する。

必要なものであっても、買えない。出かけている時、外食を提案できない。少しでも高額になれば、相談しているだけなのに怒り出す。

自分は、結構なお金の無駄使いをしているくせに、自分のお金の価値観を押し付け、お金を支払うタイミングになるととにかく大げさにうるさい。

夫婦のマネハラ【4】被害者ヅラする・異常者よばわりする

  • 給料が少ないから貯金できないだけなのに、「お金を貯める術をしらない。」「無駄使いばかりしているからだろう」と攻める
  • 自分が選んだ仕事なのに、常に家族のためと称して、被害者ぶる
  • 「本当はこんなことやりたくないのに、家族のためを思ってやってるんだ。」と人のせいにして恩を着せてくる

こんな給料じゃ、無駄使いさえできないのに。

夫婦のマネハラ【5】与えてくれる生活費が少ない・言いなりにならせようとする

  • 給料が多くても、もらえる生活費や小遣いが少ない
  • ボーナスが出ても一切もらえない
  • 生活費がギリギリでも、絶対くれない
  • 「この間渡したばかりだろう!」「足りないはずがない!」と、2度と言えないように釘をさされる。
  • お金の使い道をことこまかく尋問・管理される
  • 何が何でもパートへ行かせ、給料全額家庭に入れるよう強要する

マネハラ夫・モラハラ妻になっていませんか?

夫婦で起きるマネハラ問題…おそらくどこの家庭でも、1度は言ったセリフが1つくらいはあるでしょう。

夫であっても妻であっても、これらの考え浮かんだ経験ない方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

どちらの方が悪い と考えれば、自分が正しいのはあきらかです。両者とも、自分が正しい・相手が間違っていると考えているでしょう。

夫婦の離婚問題は、ほとんどが価値観の違いですよね。

  • 自分がマネハラをしていないか
  • 相手が傷ついていないか
  • 相手を否定しすぎていないか
  • 自分だけを正当化していないか

    自分の立場で考えるのではなく、「もしかしたら、こう考えているかもしれない。」「自分はマネハラしているかもしれない」と、一度予測してみる努力が必要ですね。

    それでも、明らかにおかしい場合であっても、自分が選んだ相手です。

    決めつけて責めるのではなく、お願いする方がいいですね。

    1歩ずつ歩み寄って、和解できるのが一番良い方法です。

    とは言っても、そんなことなかなかできないよね。やっぱり幸せのためには、お金が絶対必要ですね。

    リッチーナ
    私の娘は小学校6年ぐらいの頃、恋愛もののドラマを見ていてポツリと呟いたことがあります。
     
    「愛がお金に勝つ?ありえない。お金があったら何だって買える。」大変、現実的でよろしい。
     
    「でも、お金で買えないものも本当にあるよ。」と言った私です。
     
    浜省の『丘の上の愛』ご存知ですか?「愛が買えるなら、その涙のわけを教えて…」懐かしい。浜省の曲の中で、一番大好きな歌です。

    ともかく、過剰すぎるマネーハラスメントの夫や妻は本当に許せません。

    本来は話し合いで解決するのが望ましい方法ですが、相手にその気がなければそういうわけにはいきませんよね。

    あまりにひどい場合は、経済的DVとして相談をしてみてはいかがでしょうか。