結婚前は、こんな人だと思わなかった…よくある話ですよね。

お風呂に入るのが嫌いだったり、服は脱ぎ散らかし。『えっ?こんなに不潔だったの』という場合もあったり。

優しさや思いやりはもちろん、金使いの荒さなど…。

生活費を少しだけしかくれない・お小遣いは一切もらえない、そんな家庭もあるようです。

そんな主婦は、いったいどうすればいいのでしょうか。

少しの生活費しかくれない旦那

生活できないにもかかわらず、生活費を少しだけしかくれない。もちろん、お小遣いももらえない。

では、どのようにして生活していくのか。旦那の考えがわかりませんね。

生活費が足りないのに無理を言う旦那

旦那は事業をしており、80万ほどの収入があります。

その分経費は必要かもしれません。

でも生活費に、たった10万しかくれません。

もちろんお小遣いも、一度ももらったことはありません。

10万でどうやって生活していけと言うのでしょうか。持ち家ですので、家賃やローンは必要ありませんが、光熱費・食費・子どものことなど全て込みです。

食費を削るしかやっていけません。

なのに、おかずは最低5品は作れと言うんです。あてが足りないと言います。

おまけに飲むためにテーブルに座れば、3時間ほどは飲んでいます。パートで朝早いし、片付けがしたいのに「俺が飲んでいる時は、片付けをするな。」とまで言われます。

パートをしていますが、子どもが小さく無認可の保育園代が必要で、ほとんど手元に残りません。

若い頃の貯金を使ってきましたが、そろそろ底をつきます。

ちなみに、お恥ずかしながら私は38歳で初婚、夫は45歳3度目です。もっと早く気づけばよかった。

生活費も足りない・お小遣いももらえない

30代後半で結婚し、40ギリギリで双子を出産しました。

夫がくれる生活費がカツカツです。子どもがまだ小さいので働きにもいけないし、私は収入がありません。

夫も苦しいのかもしれませんが、何かといえば「飲みに行ってくる。」と出かけます。

  • 「生活費がない。」と言うと「俺もない。」
  • 「お小遣いが欲しい。」と言えば「お前は家にいるから必要ないだろ。」

どうしようもないので、実家へ帰って食事を食べさせてもらったりします。

家で夕飯を作らなければ、夫は外食しているようです。

もうこんな生活うんざり。こんなはずじゃなかったのに後悔しかありません。

夫が小遣いをくれない

ママスタでもこのような質問がありました。

結婚してまだ半年ですがデキ婚で子供も生まれました。

なので私は専業主婦ですが毎月夫から食費と私の車のローン、携帯代しかもらってません。

その中からミルク代やオムツ代、他全部出しています。

私が帰省する時も何か用がある時もお小遣いをくれません。

給料もボーナスも明細を未だに見たこともないのですが夫も貯金がなくカツカツなのはわかってます。

でもそれっておかしいですよね?

足りない時は私の貯金を崩してます。でもそれもいつまで持つかわかりません。こんな人だと思わなかったし結婚後悔だらけです。

出典:ママスタジアム

その他にも、多くの主婦がこのように悩んでいます。

これは完全に、妻に対する経済的なDV・モラハラです。

「自分だけで生活している方がましかも」と、思える女性だっているでしょう。

生活費をくれない人間の本質が欠けたDV夫

少しくらいの価値観の違いは、どこの家庭でもありますよね。

ですが生活費が足りないとなれば、ごく普通の人としての生活もできません。

お小遣いどころの話ではない大問題。精神的苦痛も感じているでしょう。

こんな旦那さまの場合、もはや改善の見込みはないと言えます。

主婦であっても、生活費だけではなく個人的なお小遣いも必要です。

夫からの経済的DV相談

このように生活費・お小遣いなど、常識の範囲外で悩んでいる主婦の方は、専門機関に相談しましょう。

発信地等の情報から、最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送されます。