結婚前までは、そんなこと感じなかったのに…。同棲して、大丈夫だと思ったのに…。

そんな風に考えている主婦、ほとんどではないでしょうか。

旦那に対し、ムカつくことは多々あるでしょう。

人に対して腹がたつのは、性格の不一致と言えますよね。

『性格の不一致』は、離婚の原因の中でも第1位。

とはいえ、性格の不一致は、離婚の理由として法律的に認められるのでしょうか。

性格の不一致は法的な離婚の理由になる?

まず、離婚の原因1位となっている『性格の不一致』は、法律的な離婚の原因にはなりません。

法的な離婚の理由になるのは、裁判離婚が認められる要件が必要です。
  1. 配偶者の不貞行為
  2. 配偶者の悪意の遺棄
  3. 配偶者の生死が3年以上わからない
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
  5. その他婚姻を続けられない重大な事由がある

【5】の重大な事由には、『性格の不一致』が含まれていますが、直接的に認められるわけではありません。

なぜなら、性格の不一致は、いわば『価値観の違い』だからです。

価値観の違いなんて、他人ならあって当たり前。さらに、血のつながった子どもでさえ、そうです。

同じ価値観の人など、この世に一人も存在しませんよね。

たとえば、夫が妻に対し常に不満を抱えているとします。

夫の『性格の不一致』での申し立てでの離婚が認められたとすれば、世の中の裁判件数はとんでもない数になってしまうでしょう。

厚生労働省で発表されている2017年の離婚件数は約21万件。

『性格の不一致』だけで離婚が認められれば、おそらく件数は何倍何十倍にも膨れ上がります。

当然、夫が妻に不満を抱えているとすれば、妻だって同じですよね。毎日毎日、さまざまな我慢をしているはず。

それなのに、夫が感じている『性格の不一致』で離婚が認められたとすれば…。  

逆に、女性にとって不利な立場となる可能性だって否めません。

本音を言えば、女にとって有利な世の中になって欲しいものですが…片側だけに有利な法律なんてあるわけありませんよね。

そのため、『協議離婚』の割合が多いんですね。

性格の不一致で離婚が認められるのはどんな場合?

【5】重大な事由の『性格の不一致』が離婚の理由となるのは、『性格の不一致』が原因で【重大な問題】が発生している場合です。

  • 性格の不一致が原因で、夫が激怒し精神的肉体的なDVに発展している
  • 性格の不一致で、まともな暮らしができるだけの生活費を入れてくれない
  • 性格の不一致を理由に、旦那で出ていき長年別居している
  • 性格の不一致が原因で、相手が浮気・不倫(不貞行為)をしている
このように性格の不一致だけでは止まらず、何らかの問題への発展をしていれば、裁判離婚が認められます。  

(※ あくまでも例であり、離婚の事由として確実に認められるわけではありませんし、裁判で勝てると保証するものではありません。)  

性格の不一致に離婚で慰謝料を請求できるか?

そして、『性格の不一致』が理由での離婚は、慰謝料請求ができません。

裁判離婚が認められないのですから、当然と言えば当然。

ただし、調停離婚や協議離婚で話しあいの中、相手の合意があれば慰謝料請求が可能です。  

慰謝料は『解決金』という名目が使われる場合もあります。

やはりどういう形であれ、話し合いは不可欠です。

 

『性格の不一致』は、どちらが悪いとは言えませんよね。

法律的な結婚は、相手を思いやり添い遂げる契りを交わす法的な約束事です。

結婚したわ、やっぱり性格が合わなかったわ…なんて、そう簡単に離婚できるほど軽いものではありません。

だからこそ、協議離婚が多く、籍を入れないまま過ごすカップルも増えているんですね。

「籍を入れたって意味がない」という男女もいますが、考えれば決して間違っていないと言えますね。

リッチーナ
女なら「籍もいれずに、男と暮らすなんてふしだらだ」
 
男なら「結婚もせず、いつまでもフラフラして、1人の女に責任も持たないような道楽者が!」
 
このように言われがちですが…。子どもに辛い想いをさせてしまうより、よっぽどいいのかも。
 
私は、この歳になってやっと気づきました。

 

プッチーナ
本当。
 
一理あるね。

性格の不一致での離婚相談

性格の不一致での離婚を有利にできないか?

相談者 女性

  • 性格の不一致での離婚申立て
  • 半年間の別居
  • 夫は離婚を拒否

弁護士回答

相手が拒否する以上、『性格の不一致』での離婚申し立ては 、調停での離婚はできない。

修復の可能性がないと、調停委員を説得・理解してもらう必要がある。

性格の不一致が理由で、一方的な離婚はできないんですね。

性格の不一致が原因での別居の期間は?

相談者 男性

  • 性格の不一致が原因
  • 妻は、話しあいを拒否・セックス拒否
  • その他、ひどい態度を取る
  • 夫側は、心は破たん・修復不可能という考え
  • 妻は離婚を拒否

弁護士回答

一般的には、年単位の別居が必要であると言える。

また、婚姻期間の長さにも影響がある。

一般的には、5~6年の別居でなければ、ほとんどの判決では離婚を認められない。

結婚後、1年以内に別居に至るケースでは、1~2年で認める裁判官もいる。

調停・裁判にかかる時間を考慮しても、最低1~2年は別居が必要。

性格の不一致が悪化、成立した離婚の実例

性格の不一致でうつ病を患い、認められた離婚

  • 結婚1年、共働き夫婦
  • 夫は家事分担の約束を守らない
  • 妻が家で仕事していても、テレビを見てばかり
  • 悩みも聞いてもらえず、夫は妻に無関心
  • 心のやり場がなくなりうつ病に
  • 離婚を申し出ても、離婚を拒否する夫
  • 我慢限界になり、家を出る
  • 弁護士に相談し、調停離婚のアドバイス
  • 夫と会うとパニック障害の症状が出るため、弁護士を介し離婚交渉
  • 新居の処分や財産分与についての調停を実施、別居から半年後に離婚が成立
認められたとはいえ、うつ病・パニック障害などの発症を余儀なくされた女性。  

紛れもなく【重大な事由】として認められて当然です。

離婚するために、かかった弁護士費用は20万。意外と安いので驚きました。

しかし、1年もの期間がかかっています。

その間、言葉では言えないほどの精神的苦痛を味わっているはず。

離婚調停に入るまでの期間はわかりませんが、弁護士相談してから1年間もの間を加算すれば、かなりの期間がかかったと予想できますね。

性格の不一致・不貞行為による離婚調停の実例

  • 性格の不一致
  • 夫が不倫
  • 子どもの教育費もかかるため、養育費は相場よりも高く請求したい
  • 弁護士相談により、養育費の希望が通り、離婚成立
  • 不倫相手の女性から、150万の慰謝料回収

かかった期間は、1ヶ月。

性格の不一致での不満がつのると、お互いに嫌な気分になりますよね。

口を聞くのも嫌だし、一緒の空間にいるのさえ嫌な気持ちになります。セックスレスの始まりでもあります。

そこで起こしてしまうのは、癒しを外に求めてしまう行動。浮気・不倫です。  

浮気・不倫は、法的に認められていませんし、許せる行為ではありません。性格の不一致でも、離婚の理由になり得ますね。

上の2つの例のように、妻が精神疾患を患ったり、夫の不貞行為やDVなどが原因なら、性格の不一致が認められているケースもあります。

ただし、常に女性にとって、有利に働くとは限りません。

性格の不一致の離婚で女性に不利になった事例

調停で夫が子どもの親権取得

  • 性格の不一致
  • 妻が子ども(6歳未満)を連れて別居
  • 妻に対する経済的支援を必要最小限に抑えて経済的に困らせ、調停を長引かせる
  • 親権を譲れば、いつでも子どもに会わせる・養育費も請求しないという条件を提示
  • 妻は仕方なしに離婚に承諾、調停で夫が親権を獲得
性格の不一致で、我慢できずに出ていき、シングルマザーで頑張っていた女性。  

どのような性格の不一致かはわかりませんが、弱みにこれでもかというほどつけこみ、精神的に追い詰めて親権を勝ち取った夫。

子どもが大切で手放したくない夫の立場からすれば、当然かもしれません。

しかし、妻側からすれば?

母が子どもを取られるなど、身が引き裂かれる想いをしたでしょう。

でも、生活できない状態になれば、我が子の幸せにもかかわってきますよね。泣く泣く承諾したと想像できます。

性格の不一致で養育費の請求放棄をさせた離婚

  • 性格の不一致
  • 離婚は、お互いに合意
  • 夫は、退職している状態
  • 妻は、月6万円の養育費を請求
  • 前職の収入からの計算で、養育費を決められるのは納得いかない
  • 学資保険の名義を全て妻に切り替える条件で、養育費の支払いを放棄させ離婚成立

こちらの例では、夫が離婚交渉中に退職した模様。

養育費の支払いを放棄させるという、弁護士の活躍あってのことですが…。  

女性側からすれば、子どものために月6万が支払うのがもったいないのか?頑張って働こうと思わないのか?

学資保険の名義を全て妻に切り替える条件って…、学資保険なのだから当たり前。それを取ろうと思っていたのか?

ぶっちゃけ、『それで父親と言えるのか』とも感じてしまいますよね。

性格の不一致がどのようなものかはわかりませんし、女性側に大きな非があったのかもしれません。

しかし、何の罪もない【子ども】が、苦しい生活で苦労するのは何とも居た堪れない気持ちになります。

シングルマザーで自分だけの収入で、子どもを育てていくのは並大抵ではありません。

不貞行為をしていた夫/養育費と財産分与減額

  • 性格の不一致
  • 夫の不貞行為を、妻が探偵を雇い証拠を掴む
  • 離婚はお互いに合意して成立
  • 養育費5万円 ⇒ 4万5000円に減額
  • 財産分与85万 ⇒ 15万円に減額
こちらの事例では、夫が不貞行為をしているにもかかわらず、養育費・財産分与を減額されています。  

女性側からすれば、なぜ?となってしまいますね。

夫の不貞行為以上に、妻に非があったのでしょうか。

妻が探偵を雇い証拠を押さえても、完璧に女性側に有利な離婚になるわけではないんですね。

離婚例参考:弁護士法人グレイス

 

女性が泣き寝入りを余儀なくされる調停・裁判離婚になるリスク

上の事例でわかるように、女性が仕方なく受け入れなければいけない調停・裁判離婚があるのが現実。
 

リッチーナ
私が言いたいのは、いくら性格の不一致があっても安易な気持ちで離婚してはいけないってことです。

 

女性が、泣き寝入りを余儀なくされるリスクがあるからですね。

 

世の中、法律があるからこそ秩序が守られ、平和な生活ができているものの、理不尽なことってたくさんあります。

完全に旦那に非があると思うし、事情を知る周囲も賛同してくれている…としても、裁判では納得いかない結果になるケースだってあるんですね。

それをよく考えなければ、自分だけではなく子どもも路頭に迷ってしまうかもしれません。

プッチーナ
そう!だから、私は離婚するための準備をしてるの。

リッチーナ
私は、ほんとに死に物狂いでやってきたし、かなりの運もあったりで、子どもにはそれなりの贅沢をさせてこれたけど、誰もがそんな風にできるとは限りませんよね。
 
辛いお金がない暮らしの中…病気にでもなったとしたら、子どもはどうなりますか?
 
だからこそ、よく考えなければいけないんですね。

性格の不一致はなぜ起きるの?

お互いの努力の遺棄

性格の不一致は、小さなものから大きなものまで、関わるものは多岐にわたります。

  • 洋服の好み・好きな食べ物が全く違う
  • 湯船に浸かりたい / シャワーだけの方がいい
  • 仕事が休みの日は家でゆっくりしたい / 外出したい
  • 使ったものはすぐに使える場所に置いておきたい / きちんと戸棚に片付けておきたい
些細な性格の不一致はひょんな事でケンカになります。そして、少しずつ蓄積し、大きなわだかまりへと悪化。  

性格の不一致の原因は、お互いの【努力の遺棄】です。

離婚の理由になる【悪意の遺棄】と同じと言えるもの。

相手の気分を害するとわかっていても、我を通そうとしてしまうんですね。

本当の姿に対する不満

恋愛をしている頃、結婚前は、お互いにとにかく良く見せようと努力しています。

しかし馴れ合ってくるにしたがい、素の姿をさらけ出すようになっていきます。  

  • オナラが平気でできるようになる
  • すっぴんを見せてもへっちゃらになる
  • 少しムカッとくる事に、できていた我慢ができなくなる
  • 自分を抑えるのではなく、自分を主張したくなる

いわゆる、本当の姿です。

結婚は『背伸びしていた恋愛』を終え、『本当の姿を見せる生活』へ突入しているんですね。

しかし、人は誰でも自分の思い通りにしたいもの。

常に自分の好むように接してくれていた相手が、自分が気に入らない言動を行うようになると、性格の不一致・価値観の違いが目につくようになってしまいます。

初めて知る『許せない価値観』

夫婦仲で揉め事の発端となる、お金の使い方や育児・教育方針の相違。  

  • 生活を続けてやっとわかるお金に対する価値観の違い
  • 子どもができてはじめてわかる育児・教育方針の価値観の違い

お金の使い方、お小遣いに対する考え方。

なぜボーナスの取り分は全部なの?日頃頑張っている私はタダ働き?

生活費が足りないのに、パチンコへ行くの?いったいお小遣い何に使っているのよ!

子どもに無関心すぎ、何一つ手伝ってくれないのはなんで?

孫ができると、姑問題も出てきますよね。

嫁ぎ先で、ひとりぼっちになったような経験している女性も多いでしょう。

リッチーナ
結婚前は、「すっごいいいお義母さんなんだ!仲良くやっていけそう!」と言っていた友人。
 
次第に姑問題でストレスがたまり、10kgの激やせ。
 
姑さんと子どもが一緒にいる姿にイライラするのが我慢できず、フルタイムで働きに出ていました。
 
フルタイムにパートへ行き、5kg体重が戻るという始末。色々あるんですよね。

 

性格の不一致を悪化させる『我慢』

同棲していた方でも、新婚当初でも、はじめは『円満な家庭』を夢見て、お互いに思いやる気持ちを持っています。

しかし、いつのまにか嫁を家政婦のように扱う旦那。小さな気遣いさえしてくれない。

  • 私はあんたの母親じゃない
  • 私は家政婦じゃない

「優しさのかけらもないの?」と感じるようになりますよね。

でも、女性が良かれと思ってとる行動【我慢】が、性格の不一致をもっと悪化させ、離婚問題へと近づけてしまいます。

そもそも結婚は、お互いの努力の上成り立つもの。

それなのに、なぜ妻側だけが我慢しなければならないのか。

女性が、爆発したって仕方がないんですね。

『我慢』は、夫婦を破たんさせてしまいます。

夫婦の性格の不一致を解消するには?

ただし、1つ考えて欲しいのは、我慢した末に取る自身の言動です。  

偉そうだし何かと否定する気にくわない旦那に、たまりかねて行なってしまう言動…実は、それは夫と同じ言動になっています。

自分が持っている価値観は、絶対正しいもの。誰もがそう思っています。

  • 旦那は旦那で自分が正しいと考えている
  • 妻は妻で自分が絶対的に正しいと考えている

仲の良かった頃の2人は、相手が気分よく過ごせるように、努力していたはず。

「選ぶ相手を間違えた」だけで、済む話ではありません。

お互いに思いやっていた関係が、いても当然の相手になることで生じてしまう性格の不一致。

「夫が、先に偉そうに言った!」「旦那が、どうしようもないから!」と考えていては、子どもの喧嘩と同じ。  

夫婦の性格の不一致を解消するために、重要なことは7つあります。

  • 自分の価値観は、自分だけのものと認める
  • 夫の価値観を否定せず、受け入れる
  • 自分が我慢・努力しているからと、夫に評価を求めない
  • 夫が間違っていると決めつけて、評価しない
  • 自身が行なっている努力の結果を望まない
  • 円満な夫婦生活を送るため、気持ちを伝え続ける
  • 届ける気持ち・与える気持ちを持つ

我慢するしか手立てがないと思ってしまいがちですが、我慢と努力は微妙に違うんですよね。

我慢して犠牲になるのではなく、与える気持ちこそが努力です。

それでも、男性はそんな簡単に変わってはくれません。やはり、女性は我慢するしかないのか…。

でも、紹介した事例もあるように、女性が不利になる例だってあります。後悔しても、時遅しですね。

仮に裁判を勝ち取ったとしても、エネルギーを使い果たし、ズタボロになってしまいます。

離婚は、心が擦り切れてしまうほどの大問題。

自分自身と子どもの幸せを、よく考えなければいけませんね。子どもなしの女性は、ご自身の幸せを第一に考えましょう。

どうしようもない場合、夫婦生活を修復するための『円満調停』という手段もあるようです。